読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラダエレガンスな日々

日常の事、仕事の事、等々書いていきます。

手帳は長谷川

お題「手帳」

手帳。

昔は、手帳なんて持つことはないと思っていたがスーツを着る仕事になってから

書き留める大切さを知りいつも持ち歩いている。

 

最初は、出来る男を見せるためにB5ぐらいの手帳を鞄に入れて持ち歩いていたが、まったく使っていなかった。あまり私には合っていなかったようだ。

 

しかし、ある時運命的な出会いを果たす。

 

それがこちら

 

NOLTY アクセスマンスリー3(黒)

 

 f:id:hinatiger:20170215141336j:image

 

 

なにが良いかというと月別ですぐにページが開ける事、そして六輝が書いてある事。

 

f:id:hinatiger:20170215141351j:image

 

薄くて手で持ちやすいワガママボディ~~!

 

それなのに価格は千円以内!!

 

 

 

スーツの内ポケットで名刺入れと手帳が弐段構えで私の大事な部分を守ってくれている。スーツ装着時なら伊達英二にハートブレイク・ショットを打たれても大丈夫なはずだ。

 

発行者欄を見ると長谷川隆さんの名前。

 

ありがとう、町子ではない長谷川さん。

 

金魚

わが家には犬、猫などのペットはいませんが金魚がいます。



よく縁日などである金魚すくいでとった金魚なのですがもう7年以上は生きています。



水槽は外に置いてあり暑い日も寒い日も野良猫にイタズラされる日も生き続けています。



オス、メスの区別は分かりませんが2匹で優雅に泳いでおります。


調べてみると金魚の寿命は10年ぐらい!?との事。結構長生きですね。




ちなみに動物の寿命で調べてみると



ウサギ‥‥‥8年


ライオン‥‥‥10年


キリン‥‥‥30年


猿‥‥‥50年


象‥‥‥80年


人間‥‥‥82年


クジラ‥‥‥100年



猿はなんとなくわかりますが象が80年とは驚きです。確かに動物園にいる象って昔から変わっていないイメージが‥‥‥。



もっと驚きなのがなんとクジラが100年!!



浦島太郎もビックリ!



100年も海を泳ぎ続けるなんてまさにポセイドンの名に相応しい動物です。




ちなみに長寿の代名詞でもある鶴と亀は


鶴‥‥‥30年



亀‥‥‥50年



やはり亀の方が長生きですね。
千年、万年は流石に無理みたいですが‥‥。




全体的に自分が思っているより動物達の寿命が長かったですね。






追記

動物ではないですが、みんなが苦手な黒光りしてカサカサ台所で動くヤツの寿命は1年ぐらいだそうです。

Sit down プリーズ!

勝つか負けるか‥‥


生きるか死ぬか‥‥


行くか帰るか‥‥


〇か×か‥‥


この世には二者択一を迫られる場面が随所にある。



私も昨今、今後の人生に関わる選択をせまられました。




それは、トイレの仕方!!





会社内のトイレは男女共洋式。


お客様とスタッフ共用の為に毎朝女性スタッフが掃除しています。




朝礼が終わり自分のデスクに着くと何やら背後に不穏な気配。



私の妖怪アンテナがしっかり反応しております。



振り向くと女性スタッフが2名。



いい予感は全くしません。


すると、



「〇〇さんトイレはどうやってしてます?」




ンッ!?






この時です!!



正に二者択一!




立つか座るか!




どちらを答えればいいんだ〜〜
おし〜えておじい〜さん、おし〜えて〜おじい〜さん〜♫



私が出した答えは









「寝てます✌︎('ω'✌︎ )」





第三の選択ゥ!!!




これがいけなかった。正に愚者↘︎



「………………………」





この瞬間恐竜が何故絶滅したのか、何故私の吐く息が白かったのかわかりました。



立つ鳥跡を濁さず。








話は戻り女性スタッフ曰く、最近特に男性トイレの便座や壁に尿ハネが飛び散り汚いという事。私にトイレに入った時に綺麗にして欲しいとの事。




小をする場合、日本人男性の6割は座っていて4割は立っていると聞いた事があります。

私はその4割の人間です。



しかし、それには理由があるんです。
我が家のトイレは和式で小をする時は立ち便器でするのでいつ如何なる時も立っているんです。習慣なんです。



えっ……そんな事どうでもいい!?
えっ……知ったこっちゃない!!?



ハイッ分かりました く(*´Д`*)ウィー




こうして私はトイレに入ったら座って用をたし、終わったら軽く掃除をする事となりました。





まぁ綺麗好きなA型なんで苦にはなりませんがね‥‥。

嫌われ者と静かな夜

今日も静かな夜だ‥‥



外では北風が音を立てている。



耳をすますと時折、遠くから消防車の音が‥‥



どこかで火事があったのだろうか?



外に出てみる。



もう音は聞こえない。




空気が乾燥しているからなのか最近良くあの音を聞く。





「火の用心、マッチ一本火事の元」




ふと、昔よく聞いたお決まりのフレーズを思い出す。



現代で、マッチの需要はどれくらいなのだろうか?



寒空の下、自分の探究心に素直な私は携帯で調べてみる。



そこには



【マッチ業界激震。最大手の事業撤退に衝撃が広がる。】



なんとも先行きの暗いニュースの見出しが。




世界は何処に向かっているのだろうか。




そんな答えの無い疑問を夜空の星に聞いてみた。



辺りは真っ暗だ。



我が家には灯りの一つすら灯っていない‥‥





それもそのはず。




家の者は私以外が全て寝息を立てて布団に包まっているからだ。





インフルエンザで‥‥





私は元気だ。



インフルエンザでさえ私を避けていく‥‥




‥‥‥‥さぁ、マスクをして明日も仕事へ行こう。

若さって眩しぃんだね

前にも少し書きましたがブライダルの専門学校生が職場体験で少しの間だけ働きに来る事になっていました。


年齢は何と19歳!!


流石にスタッフでもそんな若い年齢はいません。


昨日が初出勤だったのですが‥‥。


「おはようございます。今日からよろしくお願いします。・・:*+.( °ω° )」


元気一杯と言う表現以外見当たらない挨拶。
眩いばかりの満面の笑み。





「おはようございます。
こちらこそよろしくね。(`・ω・´)キリッ」



いつもより10倍増しの渋い声と顔で挨拶を返していました。




朝礼をして女性スタッフに簡単な作業を教えてもらっています。


心なしか女性スタッフもこの時ばかりは聖母マリアの様な微笑みで教えています。


そして私もそれを見てほのぼの。




その時です。


気づいてしまいました。



私の目が孫を見るお爺さん目線になっているという事を。


さあ、爺ちゃんは今日も頑張るよッ!